主婦の再就職と資格

時間にゆとりのある、
いまが独立準備のチャンスと考えてみませんか。

「家計がきびしいというほどの切迫感がない」
「子どもにもしばらく手が掛かりそうで、そばにいてあげたい」

という主婦の方でしたら、このタイミングで発想の転換をして、またご主人ともよく相談をした上で、独立開業をめざすのも一案ではないかと思います。

「私が、独立開業なんてとんでもない」と、いまは思われるかもしれません。
でも、出産・子育てをきっかけに、自分の新しい生き方をみつめなおし、開業者として成功している女性が少なからずいるのは事実です。

なんらかの資格を取得して開業者になるといっても、それは決してゼロからのスタートを意味しません。
結婚・出産の以前に、みなさんも、事務や営業の仕事など、社会人としての実務経験をお持ちのはずです。「資格取得・独立開業」は、そのキャリア(社会人経験)が前提となって初めて成り立ちます。
自信が持てないようでいても、みなさんお一人お一人は、みな可能性をお持ちの「潜在的な独立開業者」なのです。

家庭をお持ちの主婦の方に開業系資格を薦める理由のひとつは、もしかりに事業に失敗したとしても、それほどリスクがないからです。

このサイトで紹介している開業系資格は、低資本で始められる業務ばかりです。
もちろん事務設備を整えるなど多少の初期費用はかかりますが、自宅を事務所に仕事をできる資格を紹介しています。

万が一、事務所を閉じるようなことになったとしても、一切負債を抱えることはありません。ご主人の収入があるみなさんなら、生活苦になるような、悲惨な結果には決してなったりしません。
家計の算段として再就職がどうしても必要なら、それはその時に考えればよいことだと思いませんか。

■独立開業することの最大の魅力は、時間が自由になることです。
もちろん独立開業者の場合も、仕事はお客様の都合が第一優先です。それでも、社員で会社に拘束された働き方より、ずっと時間に自由のある働き方ができます。

自宅を事務所にそのような条件を手にした女性(主婦)は、「子どもの面倒を見れなくて…」という心配がまったくなくなります。

また独立して活躍できているわけですから、「家族のために自分を犠牲に…」という後悔とも無縁です。

そして独立開業者は、がんばれば頑張った分だけ収入を伸ばすことができます。
もちろんお金だけが大切なことではありませんが、経済的なゆとりが人生をより豊かに変えてくれことはまちがいではないでしょう。

資格に合格することも、開業後の仕事を軌道に乗せることも、決して簡単ではありません。
でも、自分らしい生き方をする上で、これほど活き活きしていられる選択もまた、そんなにはないと思います。

よろしかったら次ページ以降の、独立系お薦め資格を参考にしてみてください。

がんばる主婦にお薦めの通信講座!

⇒◎ファイナンシャルプランナー
⇒◎宅建(宅地建物取引主任者)
⇒◎簿記
⇒◎社会保険労務士
⇒◎行政書士
⇒◎カラーコーディネーター
⇒◎ITパスポート