主婦の再就職と資格

お薦めNO.1/社会保険労務士
◎再就職にも独立にも適した、女性に人気の資格!

社会保険労務士は、労働社会保険や人事・労務管理に関する専門家で、企業で働く人たちの入社から退社までの法的な手続きや、労務管理に関するコンサルティングなどを仕事にしています。
業務のなかでも特にメインとなる「労働社会保険に関する事務手続きの代行」業務は、社会保険労務士の資格を取得していなければ行えません。

みなさんも以前にお勤めをしていた時は、健康保険や雇用保険に加入していたでしょう。それらの業務を社外の誰かに代行してもらう時は、企業は社会保険労務士以外には依頼できないということです。

このよう「独占業務」で立場を保証されている社会保険労務士は、試験の難易度は高いですが、そのぶん仕事の需要も非常に高い、国家資格者です。

未婚・既婚の枠を外して見てみても、社会保険労務士は、女性に人気の高い資格です。

◎企業の就職や再雇用にもつよい!
◎保険、年金、労務管理のスペシャリストとして活躍できる!
◎女性が独立をめざし易い職業


などが理由です。
当サイトでは、「独立開業を目指せる資格」として紹介していますが、社会保険労務士の資格を取得することで、独立をめざすことと、再就職を有利に進めることのどちらも可能になります。

合格までの道のりは、もちろん易しくはありません。
しかし今のみなさんなら、仕事の責任に追われることなく、ある程度じっくりと試験準備に取り組む時間を確保できるのではないでしょうか。

社会保険労務士の資格にかぎらず、比較的難易度の高い資格をめざすチャンスは、もしかしたら今が最後かもしれません。多少なりとも気持ちが動いたなら、迷わずトライしてみることをお薦めします。

社会保険労務士の難易度

社会保険労務士の試験は、はっきり言って難関です。合格率は約8%。
一般的には最低1年、800~1000時間をかけ、根気づよく攻略する必要があります。
しかしこの水準の試験対策を、仕事と勉強を両立させ試験を突破している社会人は決して少なくありません。社会保険労務士の受験者は、大半が社会人だからです。

育児が大変とはいえ、特に仕事で忙しいわけではない主婦のみなさんは、仕事を持つ彼ら彼女らに比べて有利な状況にあるといえます。

また小さなお子さんに手が掛かるというみなさんには、通学よりも、メディアの講義を繰り返し自宅で勉強するタイプの通信講座をお薦めします。

合否を左右するポイントは、予備校で勉強した・通信講座で勉強したうんぬんではなく、どれだけ勉強時間を積み重ねたかです!

☆全国平均3.29倍の高合格率!6ヶ月での短期合格者も続出→http://www.foresight.jp/sharoushi/

がんばる主婦にお薦めの通信講座!

⇒◎ファイナンシャルプランナー
⇒◎宅建(宅地建物取引主任者)
⇒◎簿記
⇒◎社会保険労務士
⇒◎行政書士
⇒◎カラーコーディネーター
⇒◎ITパスポート