主婦の再就職と資格

「独学では合格できない」といわれているホントの理由はこうです!

趣味で資格の勉強をするという方ならともかくも、
再就職を目的に資格をめざすみなさんに、私はあまり独学をお薦めしません。
理由はシンプルで、独学では合格しにくいからです。

独学では、すべての疑問を自分で調べる必要があり、不効率だからでしょうか?
もちろんそれもあります。
独学では、モチベーションを維持しにくいからでしょうか?
そういうメンタルなマイナス影響も独学にはあるでしょう。

でも、独学をあまりお薦めできない、もっと決定的な理由があります。

「独学では良い教材を揃えられない」
「市販の教材のクオリティーは決して講座の教材を超えない」

というものです。

お話しするまでもなく、独学で頼りにできるのは教材のみです。教材の質が合否を分けます。そうであるにもかかわらず、市販のテキストにはあまり良いものがありません。

もともと講師のフォローなしで努力しなければいけない学習法なのに、肝心の教材がそもそも頼りにならないとしたら…。
きびしいお話しに聞こえるかもしれませんが、それが現実です。

では、なぜ市販の教材には良いものが少ないのでしょうか?
ここはしっかり理解しておいてください!

資格の試験に合格するためのよい教材とは、決して情報がたくさん網羅されている教材ではないのです。
資格対策用の良い教材とは、試験に出題されやすいテーマに的を絞り、情報量をセグメントしている教材です。言い換えるなら、合格点を確実にとれる薄い教材がよい教材です(もちろん薄ければなんでも良いわけではなく、合格できなければ意味がない。ここがむずかしいところです)。

そのような教材は、「資格に合格させるためのプロ」が制作している、スクールや通信講座にしかありません。

出版業界は「情報を提供する」ところで、教育業界はその情報をもってして「合格させる」ところです。

資格の試験に不慣れな方ですと(大多数のみなさんがそうだと思います)、そのからくりがなかなか分からないものです。
正しい情報がたくさん網羅されている厚い一冊を手にして、「このテキストでがんばれば合格できるはず!」と最初は感じてしまうかもしれません。

たしかにそのような市販のテキストでも、全部覚えることができれば合格できるかもしれません。もし、全部覚えられたとしたらです!

資格の試験には、合格しなければ意味がありません。
市販のテキストを使ったそのような努力は、
まったく合理的ではないことをご理解ください!

がんばる主婦にお薦めの通信講座!

⇒◎ファイナンシャルプランナー
⇒◎宅建(宅地建物取引主任者)
⇒◎簿記
⇒◎社会保険労務士
⇒◎行政書士
⇒◎カラーコーディネーター
⇒◎ITパスポート