主婦の再就職と資格

資格の考え方について

「資格を取得することは、主婦の再就職に有利かどうか?」
前のページをお読みになった方なら、そのように考えるのは、あまり意味のないことと、もうお分かりいただけたことでしょう。

資格の取得が女性(主婦)の再就職を有利にするのではありません。
みなさんが再就職に思い描くさまざまな「動機」を、もっと具体的にする手段として資格が活きてくる、ということです。

「主婦の再就職で有利になる資格はなにか!?」
その考えは、この瞬間にきっぱり捨てましょう。


では「理想や思い」を「動機」に高めるために、
何から取りかかったらよいのでしょう?

答えはシンプルです。まず働いてみたい業種や職業を決めてしまうようにします。
その業種に、いま求人ニーズが豊富にあるかどうかは、後で考えればいいことです。

あなたがこれから歩み出したい分野は、介護・福祉系か、建築・不動産系か、それとも生活に身近な金融系か…。
分野をひとつにしぼり込みそこからブレないようにします。

または、事務職、セールスなど職業の視点からひとつをしぼり込み、業種を横断的に見ていくようにします。

そして「資格」のことを考えるのが、次のステップです。
ここで初めて、あなたが希望する職種や業種で、活用できる資格は何かを考えます。

資格には、数ヶ月の試験準備で合格できるものから、
最低でも一年くらいは準備が必要なものまでさまざまがあります。
その点についてどう計画するかは、あなたの置かれている状況や考え方によります。

◎入社後の資格取得を前提に、応募の面接を受けてみる。
◎比較的時間にゆとりのある専業主婦の境遇を有利ととらえ、資格取得の準備をする。
◎資格など必要としていない求人募集で仕事を探す。

再就職に理想ばかりは通用しません。
割り切りが必要なこともあるでしょう。
でも、「動機」をはっきりとさせたみなさんなら、この時点で柔軟なモノの考え方ができるはずです。

資格を持っていても、その職種や業種が未経験であれば、即戦力が欲しい企業では、あまりあまり考課の対象にならないケースもあります。
でも、再就職の「動機」と資格を取得した理由が一つの線でつながっている女性なら、その女性のミセスパワーに採用担当者が魅力を感じることがあるのも事実です。

ここまでお話ししたような意味で、あなたが目指している資格が再就職活動で有利に働く資格なのかどうかを詳しくチェックするようにしましょう。

がんばる主婦にお薦めの通信講座!

⇒◎ファイナンシャルプランナー
⇒◎宅建(宅地建物取引主任者)
⇒◎簿記
⇒◎社会保険労務士
⇒◎行政書士
⇒◎カラーコーディネーター
⇒◎ITパスポート