主婦の再就職と資格

主婦の再就職のハンデを自覚することも大切!

主婦のみなさんの再就職では、覚悟しておいてほしいハンデがあります。
それはズバリ「年齢」「子供の有無」の2つです。

再就職と年齢

主婦が再就職する際に、年齢はどのように関係するのでしょうか?
企業の考え方や職種にもよりますが、たとえ資格やキャリアを持っていても、年齢は若い方が有利である、ということを前提に再就職活動に望むべきだと思います。

再就職(中途採用)は、相対的な考課がなされる傾向にあります。たとえば他の応募者は20代が大半というなかで、あなたが30代となれば、それだけでも不利になることがあります。

もちろん年齢だけが採用可否が決まるわけではありませんが、年齢が高くなればなるほどハンデとなる傾向にあるということです。

では30代や40代の主婦の再就職はムリなの!?というと必ずしもそういう訳ではありません。30代~40代でも育児にそれほど手が掛からない方なら、社会人の頃の経験を活かし、比較的はやく即戦力となれる方なら採用される可能性は高いです。

逆に20代でも、これから出産の可能性のある女性は、採用する側もそれなりに警戒するからです。「採用してもすぐ退職されては困る」と企業が考えるのは、採用費や再教育の手間を考えると仕方がないのかもしれません。

つまり、年齢が高くても、子供にまったく手が掛からない方は企業には大きく魅力に映るということです。

再就職と子ども

子どもの有無と年齢は、上に述べたことと関連してくる問題ですね。
幼稚園等に預けられるようになったといっても、「子供の病気で会社を休みたい」というケースは十分に起こりえることです。

特に子供がまだ小さい場合などは、子供の健康状態は急変しやすいものです。心情的には、子供が病気の時は休んであげるべきだと思います。
でも、そのことを懸念する会社は、やはり少なくないと思います。

では、子供が小さいうちは、再就職はするべきではないでしょうか!?
私は必ずしもそうではないと思っています。

小さいお子さんをお持ちのみなさんが働く場合には、環境に応じて働き方を決めるようにすれば、それほどムリなく働くことができると思います。

■子供を育てる環境(近くにご両親がいる場合)
小さな子供がいる場合でも、ご両親にお願いできるような環境がある場合は働きやすい状態といえます。
子供が病気の時は、幼稚園等ではなく、ご両親に「預けることができる」もしくは「看病に来てもらえる」状況にある方なら、採用する側でも、子供についての懸念事項が解消されます。
もちろんご両親への感謝を忘れてはいけませんが、困っている時にご両親に頼ることは、むしろ家族の絆を深めることと前向きに考え、少し甘えてみるのは、働く女性としてはずかしいことではないと思います。

■子供を育てる環境(子供のことを最優先にした仕事選び)
小学生等の小さな子どもがいて、病気の時など、面倒を見てもらえる環境が周囲にない方もいます。そのような場合はやはり働くことを諦めるべきでしょうか?

そのような環境の方はこのように考えてみてはどうでしょうか?
「子供が急病の時に休みやすい職場で働く」
「大切な家庭の用事を優先できる条件で働く」

子供を抱えて働く主婦の立場を譲らずに仕事や職場を選ぶのです。
そう決意をすることで、働ける業種や職場はかぎられてしまうかもしれません。
しかし、そのような環境の主婦が多く働いている職場や、女性が働くことを支援している会社が存在していることは事実です。

そのような視点に立った時にはじめて、「自分が優先して大事にしたいことは何か」がはっきり自覚できる、というのもホントだと思います。
「何かを得るために何かを犠牲にする」ことは、結婚をした時にも経験されていると思います。

人生はそうした選択の連続だと思います。
そして結局のところ、どの答えを選ぶのが正しいかはあなたにしか分からないことだともいえます。

そのことについて真剣に悩んでみることが、
あなた自身をもっと強い女性にすることにつながると思います。

がんばる主婦にお薦めの通信講座!

⇒◎ファイナンシャルプランナー
⇒◎宅建(宅地建物取引主任者)
⇒◎簿記
⇒◎社会保険労務士
⇒◎行政書士
⇒◎カラーコーディネーター
⇒◎ITパスポート