主婦の再就職と資格

お薦めNO.1/ファイナンシャルプランナー
◎保険の外交員なら、時間を比較的自由に使えます!

主婦の再就職で、特に活かせる資格といわれているのが、ファイナンシャルプランナー(FP)です。FPの資格を持っている女性は、生損保などの保険業界や証券会社などの金融機関で、広く歓迎されているからです。

ファイナンシャルプランナーの仕事は、個人のライフプラン(人生設計)を財政的な面からコンサルティングし、プランの立案・実行をサポートすることです。

そのためファイナンシャルプランナーとして独立開業している人もたくさんいます。
しかし、個人のライフプラン設計サポートは、個人のお客様へ向け、FPが独立者個人として行うだけではありません。

たとえば生命保険会社の社員として、個人のお客様に適切な保険の提案をすることも、立派にライフプランニングの一環です。
個人の方の収入や貯蓄、またマイホームなどの財産、そして保険や投資(証券会社)など、お金の問題はぜんぶ繋がっているからです。

主婦の再就職のための資格として、ファイナンシャルプランナー(FP)をお薦めする理由はもう一つあります。
それは保険の外交員は、比較的に自由裁量で時間を使いやすいことです。
もちろん仕事ですから、業績の数字を上げることは、会社からも強く求められます。

しかし業績さえしっかり出せる方なら、営業職ですから、会社から文句を言われることなく、自分で使える時間もあります。幼稚園児をお持ちのみなさんが、送り迎えをすることもできるのです。

生命保険や年金、税金、住宅ローン、不動産など、身近に存在するお金の問題についての知識を身につけることは、当然のことながらあなた自身の財政面を考える上でも役立ちます。
そして社員や嘱託社員としてキャリアを積むことで、ファイナンシャルプランナー(FP)として、本当に独立できる実力が備わっていきます。

ビジネス系に今後の進路を定めたみなさんにとって、最も実用的な資格がファイナンシャルプランナー(FP)だといえます。

ファイナンシャルプランナー(FP)の難易度

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は2つの団体が主催していますが、多くの人は日本FP協会が認定するAFP資格を取得しています。
AFP資格は、大手の通信講座や通学講座を受講しなければ、受けることはできなくて、独学では取得できません。

このAFP資格の合格率は約25~30%程度(学科と実技の同時受検の場合)なので、それほど難易度は高くありません。学習期間は4~6カ月ほどで、高い確率で合格をめざせます。

費用は、通学講座ですと10万円から、通信講座は3万円台からあります。
みなさんにしても高い出費は抑えたいところでしょう。
安い受講料で、合格率の実績の高い通信講座を選ぶことが、賢い選択かもしれません。

☆全国平均1.67倍の高合格率!受講費は3万円台から→http://www.foresight.jp/fp/

がんばる主婦にお薦めの通信講座!

⇒◎ファイナンシャルプランナー
⇒◎宅建(宅地建物取引主任者)
⇒◎簿記
⇒◎社会保険労務士
⇒◎行政書士
⇒◎カラーコーディネーター
⇒◎ITパスポート